損失リスクを減らせるロールオーバーとは?

バイナリーオプションは、基本的に「権利を購入」したら、あとは期限がくるのを待つだけです。ワンタッチの場合には期限前でも「タッチ」が起こればそこで利益確定となりますが、いずれにしてもバイナリーオプション取引経験者の方で、「あともう少し期限が先だったら予測が当たっていたかもしれないのに」と思ったことがない方は、まずいないのではないかと思います。

 

スマートオプションでは、トレーダーにとっては「イライラ」の原因でもある期限について、救済措置ともいえる機能を提供しています。それは「ロールオーバー」。期限ギリギリになってしまっては使えませんが、決済期限の10分前までなら、1度だけ使うことができる「期間延長」マジックです。

 

ロールオーバーが提供されている理由は1つ、トレーダーの損失を増やさないためです。もちろん、全てのケースでロールオーバーによって利益が出る、とまではいかないかもしれませんが、「あと少し」の期限延長によって、予測が当たる可能性は十分あります。つまりロールオーバーは重要なリスクヘッジ機能なのです。

 

ちなみに、もうすでに予測が当たることがほぼ確実、となっている時には「もっと投資しておけばよかった」と思うことも多いはず。スマートオプションではこのケースに対応した機能まで用意しています。その機能を「ダブルアップ」といい、1クリックで購入金額を倍に、利益が出れば当然利益も当初の倍にすることができます。

 

リスクを減らすロールオーバーと利益をアップするダブルアップの2つの機能を徹底的に使いこなして、有利なトレードを実現してください。

損失リスクを減らせる「ロールオーバー」を活用しよう/ スマートオプションの評判ガイド関連ページ

豊富な取引銘柄
業者比較